サーファーズイヤー動画

サーファーズイヤー検診動画

更新日:

2019.6月23日(Sun)

Patagonia Surf Osakaで行ったサーファーズイヤー検診の模様です。

サーファーズイヤーはかなり進行するまで症状に乏しく、さらに個人差も大きいため実際にお耳の中を見てみないと、どの程度進行しているのか予想できません。

プロサーファーで、長年、頻繁に海に入っていでもほとんどサーファーズイヤーを認めないということもありますし、経験年数10年くらいのアマチュアサンデーサーファーが、手術も必要なほどの高度病変になっている、ということもよくあります。

 

サーファーズイヤーの予防には耳栓は有効です。

 

しかしながら、この動画にもあるように、サーフィン歴が30年を超えるようなベテランサーファーでも、ほんの小さなサーファーズイヤーしかできていないこともあります。

 

したがって、サーファーズイヤーの予防のために、みんな一律に耳栓をして下さい、というのはいいすぎだろうと思っています。

 

サーファーの通う海の気候や、サーフィンのスタイル、性別、年齢など各サーファーの背景を見て、さらにお耳の状態もみて、「あなたの今後のサーフィンのためには、〜したらいいと思います」...とアドバイスすることができます。

 

出張サーファーズイヤー検診のご依頼を受け付けています。

サーフィン大会ならびに関連イベント主催者様

パソコン用の電気とテント、机、椅子をご準備いただければ、どこでも行きますので、ぜひお声掛け下さい。

 

気になっているサーファーは多く、集客効果バツグンで、サーファー向けイベントとしてなかなか盛り上がります。

2009年頃より、各地のサーフィン大会(30イベント以上)で検診させてもらってきました。

 

病院を受診しているのではないので、サーファーをがっかりした気持ちでお帰しすることのないよう配慮して行っています。

 

九州全域、三重、愛知の伊良湖エリア、千葉の数箇所は周りましたが、和歌山、四国、関東圏から北のサーフエリアは未開拓です。

 

必要とされるサーファーのところに行きますので、ぜひ機会を設けて下さい。

→サーファーズイヤー治療ガイド

 

→短期滞在手術の宿泊について

 

→サーファーズイヤーとは:詳しい説明

-サーファーズイヤー動画

Copyright© サーファーズイヤーの治療  , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.